冬のUV対策も気が抜けない!

紫外線は1年中放射されている!

 

「紫外線は夏だけのもの」と思っている人も多いようですが、紫外線は1年中降り注いでいます。

 

夏場は暑さも手伝って紫外線が四季の中でも一番強いイメージがありますが、実は紫外線が一番強いのは秋なのだそうです。

 

 

さらに最近は温暖化の影響もあって、1年を通して紫外線がかなり強くなっているといわれていますので、冬でもしっかりケアをしないとシミやシワの原因になってしまいます。

 

冬だから大丈夫、と安心することなく、年間通してUVケアには心を砕きたいものですね。

 

 

冬のUVケアにおいても、マストは日焼け止めです。

 

最近はファンデーションの下地やファンデーションにUV成分が配合されているものがほとんどなので、メイクをすることで必然的にUVケアができるため手軽になりました。

 

 

日焼け止めの効果は夜まで持続するものではないので、メイク直しのときにUVケアもお直ししたいもの。

 

UV効果のあるファンデーションを使えば、メイク直しと同時にUVケアのお直しもできてしまうので、こちらもとても手軽です。

 

 

メイクをしない人は、スキンケア製品にUV成分が配合されているものあるので、そういったものを活用してみてはいかがでしょう。

 

ただし、UV成分は肌に負担を与えるものがあるので、こうしたシリーズは朝用と夜用に分かれています。

 

必ずそれぞれ使い分けをしてくださいね。

 

 

冬のUVケアは比較的しやすい

 

UVケアはコスメだけではなく、帽子や日傘などのアイテムもぜひ活用しましょう。

 

コスメだけではなかなかケアしきれませんが、物理的に紫外線をシャットアウトすることで、UV効果がとても高まります。

 

 

長袖など、肌の露出を下げることでUV効果が高まりますが、夏は暑さからなかなか長袖を着る気持ちになれないもの。

 

しかし冬は比較的に長袖を着ることになりますので、UVケアしやすいという利点があります。

 

 

手袋にUV効果のあるものを取り入れたり、冬でもサングラスをかけるなど、ちょっとしたことに気をつければかなり高いUV効果が得られます。

 

防寒として帽子をかぶれば、それもUVケアにつながりますね。

 

夏と比較するとかなりケアが楽ですので、ぜひ冬にもしっかり対策を取りましょう!

 

日焼け・UV対策情報箱