日焼け・UV対策情報。こんなの知ってる?

日焼けしにくくしてくれる食品がある!

「美白にはビタミンCがよい」など、美容と栄養にはいろいろな説がありますよね。

 

UVケアについては、日焼け止めなど外側からのみケアするよりも、体の中からもケアをしたほうが断然効果が高まります。

 

 

トマトやスイカに含まれるリコピンは、メラニンの活動を抑制する働きがあるとされ、朝や昼など日焼けを予防する効果が期待できます。

 

BBQのときなどは、ぜひ持参してUV対策に役立てたいですね。

 

そのほかに同様の効果があるものとして、小松菜やブロッコリー、柿やわかめなども挙げられます。

 

 

これらの食品は生で食べられるものや、簡単な調理で食べられるものが多いので、手軽に食卓に取り入れられるのがポイントです!

 

 

日焼けした肌を修復してくれる食品はこれ!

しっかりUVケアをしたつもりでも、紫外線が強すぎて日焼けをしてしまった…

 

そんなときは、日焼けした肌を鎮静してくれる食品を積極的に食べましょう。

 

 

牡蠣やカニ、煮干し、豚肉や卵黄などは、新しい肌の細胞を生成する働きを助けてくれます。

 

これらの食材はビタミンCの多く含まれる食品と一緒に食べることで、より効果が高まるそうですよ。

 

 

豚肉や牡蠣などは、日焼けした肌はもちろん、体の疲労回復にも高い効果を発揮してくれます。

 

ダイエット中の人に必要な栄養も豊富ですので、ぜひ積極的に取り入れたいですね。

 

豚肉を食べるときは、油で焼くのではなくしゃぶしゃぶなどにして食べると、余分な油分を落としてヘルシーに食べられます。

 

 

ビタミンCの取り入れ方に要注意…

 

ビタミンCは活性酸素が増えてしまうことを防いでくれる役割や、体の機能がしっかり働くことを助けてくれる効果が期待できます。

 

コスメにもビタミンCが配合されているものが多く、その効果がうかがいしれますよね。

 

 

けれど、ビタミンCは肌に触れた状態で日光に当たってしまうと、紫外線の吸収を促進してしまうので、シミなどができやすくなるため注意が必要です。

 

コスメにおいても、ビタミンCが含まれている製品は、朝ではなく夜のケアとして使用するようにしてください。

 

 

また、美白や日焼けした肌の鎮静に「きゅうりパック」などをしている人も多いと思われます。

 

このきゅうりパックも、朝行なうと日焼けを助長させてしまう可能性が高いため、必ず夜に行なうようにしましょうね。

 

日焼け・UV対策情報箱TopPageへ