日焼けしたくないけど、サーフィンはしたい。

日焼けはしたくないけどサーフィンはしたい!

 

最近は男女共に何らかのスポーツをしている人が多く、本気の人になるとトライアスロンなどにチャレンジしている人もいますよね。

 

マリンスポーツの代表としては、やっぱりサーフィン。

 

女性はボディボードのイメージがありましたが、最近はサーフィンをしている女性も増えてきています。

 

 

マリンスポーツは開放感がありますし、日差しを浴びてリフレッシュできるとても素晴らしいスポーツですが、日焼けしてしまうのが困りもの。

 

けれど、最近はモデルさんでもサーフィンをしている人が多く、彼女たちはいつもきれいな白い肌をしていますよね。

 

そのUVケアはどのように行っているのでしょうか?

 

 

サーフィンをするときのUV対策は?

 

サーフィンは紫外線を浴びに行くようなものなので、UVケアはいつもに増してしっかり行わなければなりません。

 

SPF50以上の製品を使うのはマストです。

 

 

しっかり日焼け止めを塗って入水しても、海水に浸かればすぐに落ちてしまいますので、休憩のたびにしっかり塗り直すことが大切。

 

顔が真っ白になるくらい厚めに塗ってください。

 

休憩時はUV加工してあるテントに入るなどして、紫外線を浴びないようにすることも重要になります。

 

 

UV製品にはいろいろなものがあり、ドラッグストアなどで手軽に購入できるものになるとSPF50がMAXとなります。

 

ただ、ネット通販などで調べてみると、SPF100の製品も販売されています。

 

サーフィンなどのマリンスポーツをする場合は、ぜひこうしたアイテムを導入されることをおすすめします。

 

 

自ら上がったら、すぐにシャワーで海水をしっかり落とし、日焼け止めもクレンジングできれいに落とすこと。

 

クレンジング後は、肌に刺激を与えないパックなどのスペシャルケアを導入し、紫外線によって失われた肌の栄養を補給してあげましょう。

 

鎮静効果の高いパックもおすすめです。

 

 

サーフィンを諦めないで!

 

紫外線を避けるためにやりたいことができないというのはナンセンス。

 

しっかりケアをすることでマリンスポーツも十分楽しめますので、ぜひあきらめないでいろいろなことにチャレンジしてみましょう。

 

 

サーフィン後は日焼けしやすい状態になっていますので、日常生活の中でもしっかりUVケアをしてくださいね。

 

日焼け・UV対策情報箱トップページヘ