日焼け・UV対策情報。こんなの知ってる?

ちょっとしたことっがUVケアにつながる

 

できるだけ日焼けをしないように、UVケアに気を使っているという人は多いですが、まだあまり意識していないという人もいるかもしれません。

 

UVケアは海や山などのアウトドアに限ったことではなく、日頃から継続して行うことが大切です。

 

 

日常生活の中でもかなりたくさんの紫外線を浴びてしまいますので、小さなケアでも毎日欠かさず継続できるよう心がけたいですね。

 

ここでは、日常生活の中で抑えておきたいUVケアのポイントについて解説していきたいと思います。

 

 

日焼け止めは毎日必ず塗ろう

 

UVケアの一番のポイントとなるのは「日焼け止め」です。

 

温暖化の影響もあり、地球上に降り注ぐ紫外線の量は年々増えているといわれています。

 

夏は日焼け止めを塗るという人も多いかと思いますが、紫外線は1年中浴びていますので、冬でも必ず塗るように心がけましょう。

 

 

日焼け止めにはSPFやPAといったレベルがあり、製品に必ず記載されています。

 

それらの数値が高いほどUV効果も高くなりますが、効果が高いものは肌への負担も大きくなってしまいます。

 

ですから、TPOによって使い分けることで、肌に極力負担をかけずにUVケアをすることが可能となるんですね。

 

 

SPFについては、気軽に店頭で購入できる製品だと、50が一番高い数値です。

 

SPF50の製品は日焼け止め効果が高いですが、その分肌への負担も大きいので、海や山などのアウトドアで使用するのに適しています。

 

 

では通勤や通学程度の、日常生活ではどのくらいの数値のものを使えばよいかというと、SPF20から30程度のもので十分。

 

数値が低い分肌への負担も少ないので、毎日利用できます。

 

 

まれに、SPF100といったものも販売されていて、これはかなり日焼け止め効果が高いものになりますが、店頭で見かけることはないかもしれません。

 

1日中強い日差しを浴びる場所にいるときは、こうしたものを使用するのもよいと思いますが、肌への負担もかなり大きくなりますので、使用後は必ずしっかり落とすようにしてください。

 

 

PAについても、日常生活の中で使用するのであれば「+」程度のもので十分です。

 

SPFとPAはその数値が比例していますので、SPFを中心に商品を選ぶことで、PAのレベルもそれに合ったものになります。

 

 

日焼け・UV対策情報箱トップへ