日焼け・UV対策情報。こんなの知ってる?

夏野菜にはUV成分がたくさん!

 

紫外線は、肌を乾燥させてシミやシワの原因となるのは広く知られていますよね。

 

そして何より怖いのは、「活性酸素」を体内で作り出してしまうことです。

 

活性酸素は美容の大敵であると共に、さまざまな病気を引き起こす原因にもなりますので、できるだけ予防することが大切。

 

 

活性酸素の対策には、「抗酸化作用」の高いものを摂取することが有効とされています。

 

夏野菜には抗酸化作用が期待できるものがたくさんありますので、日焼けしやすい夏の時期にぴったりなんですね。

 

 

 

抗酸化作用の優れた野菜としては、トマトやスイカ、ピーマン、ナスなどが挙げられます。

 

トマトやスイカに含まれるリコピンや、ピーマンに含まれるクロロフィル、ナスに含まれるアントシアニンなどが老化を防止し、日焼けによって受けた肌のダメージを修復してくれます。

 

 

手軽にできる夏野菜レシピ

 

旬のトマトやスイカはそのまま食べるのが一番美味しいですね。

 

トマトは油と一緒に摂取すると、リコピンの吸収率が高まるといわれています。

 

ですから、トマトサラダにオリーブオイルをかけていただけば、生食することでフィトケミカルも摂取できて一石二鳥。

 

 

また、より夏野菜を効率よく摂取するには、「ガスパチョ」にしていただくのもおすすめです。

 

ガスパチョとは、トマトやスイカ、ピーマン、きゅうり、玉ねぎなどの野菜をオリーブオイルと塩コショウを加えてミキサーにかけるだけでできる、スペインの冷製スープのこと。

 

栄養価が豊富な上に、生でいただくことで酵素を壊さず、ミキサーで撹拌することで消化しやすいなど、よいことづくめのスープです。

 

 

ほかにも、トマトは加熱してもビタミンが壊れにくいといわれていますので、お安いときにまとめて買ってトマトソースを作り、小分けにして冷凍しておけばいつでも手軽に食べられます。

 

ナスはみそ汁、つけもの、油で焼いて生姜醤油で食べるなど、調理法のバリエーションが豊かです。

 

 

色鮮やかで食欲をそそる夏野菜は、体にうれしい栄養がたっぷり含まれている万能野菜。

 

普段自炊をする習慣がない人でも、切るだけで食べられるものも多いので、ぜひ会社帰りに購入して、意識的に食べるようにしてみましょう。

 

日焼け・UV対策情報箱Topへ