日焼け・UV対策情報。こんなの知ってる?

家事をしているだけでも日焼けする!

 

専業主婦の方は、特に用事があって外出しなければ日に当たることはないと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

けれど、外出することはなくても、1歩も部屋から出ないというわけではないと思います。

 

洗濯物を干したり、ゴミを出したり、玄関先や庭を掃除するなど、家の外に出る機会はかなり多く、意外とたくさんの紫外線を浴びてしまっているのです。

 

外出するときはしっかりUVケアをしても、家にいると思うと一切ケアしないという人もいるようですが、家事をしているときもある程度のUVケアをするよう心がけたいですね。

 

 

外出する予定がないなら、特にメイクをする必要はありませんが、日焼け止めは毎日必ず塗るようにしましょう。

 

顔はもちろん、陽に焼けやすい腕や首などもきちんと塗っておくことが大切です。

 

 

長時間紫外線を浴びるということがないのであれば、PSFは20程度のもので大丈夫。

 

最近はクレンジングの必要がない、お湯や石けんで落とすことができる日焼け止めが充実していますので、こうしたできるだけ肌に負担がかかりにくいもののほうが気軽に使えます。

 

 

帽子を活用して日焼けを防止!

 

そのほか、外出するわけではなくても、家事の中で帽子はUVケアに大きな効果を発揮してくれます。

 

家事の中で洗濯は欠かせないもの。

 

洗濯を干すときは、ほとんどの場合室外に干しますよね。

 

洗濯を干すときに日焼けをしてしまうという人が、実はかなり多いのです。

 

 

日焼け止めを塗っておけば安心ですが、洗濯を干す時間が割りと長くかかってしまう人もいると思います。

 

このとき、SPFの低い日焼け止めでは十分な効果が発揮できない場合がありますので、つばの大きい帽子をかぶると、肌を紫外線から守ってくれるのでおすすめです。

 

 

毎回帽子をかぶるのが面倒だという人は、物干しのそばにすぐにかぶれるように帽子を置いておくのもおすすめ。

 

まめにUVケアを行っている女優さんなどは、必ず洗濯を干すときに帽子をかぶっているそうですよ。

 

 

また、ゴミ出しのときも意外と紫外線を浴びてしまいますので、このときも帽子をかぶったり、日傘をさすなどしてしっかりUVケアをしましょう。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば習慣になりますし、日焼けをしにくくなったことが実感できると思います。

 

 

日焼け・UV対策情報箱はこちら!