UV対策は肌荒れも考慮して!

日焼け止めは肌への刺激が強い!

日焼け止めを使用した後、クレンジング後にちょっと肌がピリピリするな、と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

日焼け止めには紫外線散乱剤紫外線吸収剤といった成分が配合されていて、これらは肌への刺激が強いものになります。

 

特に紫外線吸収剤がナノ化されているものだと、肌に吸収しやすいため、その刺激も受けやすいのです。

 

 

肌荒れをしている人は、日焼け止めを使用することで肌の状態がより悪くなってしまう可能性もありますので、製品を選ぶことと、使いすぎに注意することが大切。

 

とにかく肌に刺激を与えずに、肌本来の働きが戻るようなケアをしてあげるとよいでしょう。

 

日焼け止めは、いつも使っているものだと状態が悪くなってしまうのであれば、お湯で洗い流せるタイプのものや、敏感肌用のものに一時的にシフトしてみてください。

 

洗い流せるタイプのものは肌への負担が弱いので、子どもでも使えるものが多いです。

 

パッケージに「敏感肌用」と記載されているものも、肌荒れのときにはおすすめできます。

 

 

UVアイテムを活用することで肌への負担を減らす

 

敏感肌用や洗い流せるタイプの日焼け止めは、肌への負担は弱いけれどUV効果も弱いのがデメリットです。

 

けれど、肌荒れが治まるまでは肌への負担をできるだけ減らし、その分日傘や帽子などのアイテムを活用してUV対策を行なうとよいでしょう。

 

 

日傘はおばさんくさいし、取り出すのが面倒臭いという人も少なくないようですが、実はかなり高いUV効果を発揮してくれます。

 

また、顔や腕といった各パーツだけではなく、頭皮から顔、ボディまで広い範囲で紫外線をシャットアウトしてくれるのがポイントです。

 

 

帽子サングラスなども同様で、サングラスは目だけではなくシミのできやすい目の周りもケアしてくれますし、帽子も首のほうまで紫外線をカットしてくれるので、これらのアイテムは実はとても優秀なのです。

 

 

効果の高い日焼け止めを使用できないときは、これらのアイテムを併用することで今まで以上のUV対策が可能となります。

 

肌荒れが治ったあとも、ぜひ日傘などは積極的に活用して、シミやシワ、日焼けの予防に役立ててください!

 

日焼け、UV対策情報箱Topへ