UVケアは敏感肌の方こそ丁寧に!

UV効果が高いほど肌への負担は強くなる

UVケアはどのような肌タイプの人でもぜひ積極的に行って欲しいところです。

 

しかし、日焼け止めなどのUV製品は、肌に負担の強いものもあるのが悩みどころですよね。

 

 

日焼け止めにはその効果のレベルがあり、SPFPAなどと書かれているものがその効果を表しています。

 

効果が高いものほど肌への負担も高いといわれていますので、敏感肌の方は製品選びに注意が必要です。

 

 

UVケア製品はSPFやPAの数値以外にも、ウォータープルーフなど肌への密着度が高いものほど刺激や負担が強い傾向にありますので、敏感肌の人はお湯などで洗い流せるタイプのものを選ぶとよいでしょう。

 

 

ちなみに、海など外で思い切り日差しを浴びる場合はSPF50など数値の高いものを使用するのがおすすめですが、日常生活であればSPF30で十分です。

 

 

SPF50のものでも、簡単に洗い流せるものがありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ただし、汗や水ですぐに落ちてしまいますので、こまめな塗り直しは忘れずに。

 

 

敏感肌用のUV製品も充実!

カウンセリングコスメなどでは、敏感肌用の日焼け止めが充実しています。

 

また、敏感肌用に開発されているブランドもあり、そちらの日焼け止めは安心して使えるのでおすすめです。

 

ドラッグストアなどで手軽に購入できる日焼け止めと比べると高価になりますが、化粧下地やファンデーションも敏感肌用が販売されていますので、シリーズで使うとよいかもしれません。

 

 

そのほか、最近は皮膚科でも日焼け止めやUV効果のあるファンデーションなどを販売していますので、アトピー性皮膚炎の人などはかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。

 

また皮膚科で取り扱っているメーカーの製品がドラッグストアやコスメショップで販売されている場合もあります。

 

 

金額は変わりませんので、まずはコスメショップでサンプルを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

日焼け止めは年間通して毎日使うものなので、肌に合っているか否かはとても重要です。

 

敏感肌なので普段ファンデーションを塗らないという人も、日焼け止めを塗ることで肌を保護できる場合がありますので、日焼け止めはぜひ導入しましょう。

 

いろいろな製品を試して、自分に合っているものを見つけてみてくださいね。

 

 

日焼け・UV対策情報箱トップへ