UVケアで必要なアフターケアの方法

UV製品は肌への刺激が強い!

紫外線をシャットアウトするために、毎日UVケアに勤しんでいるという人は多いと思います。

 

でも、日焼け止めを塗ったり、日傘やサングラスなどを併用してしっかり対策をしていても、その後のアフターケアをきちんとしているという人は少ないのではないでしょうか。

 

 

UV製品には紫外線散乱剤紫外線吸収剤といったものが配合されているものが多く、これらの成分が日焼けを予防してくれているのですが…

 

実はこれらはかなり肌への刺激が強いので、使用した後のアフターケアがとても重要になります。

 

 

今まで特に気にしないで、帰宅したら普通にお風呂に入って洗い流して終わっていた、というあなた。

 

この機会、にUV製品使用後のアフターケアについて意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

UV製品を使用した後のケア方法について

 

 

UV製品は、効果の高いものや肌への密着度がよいものほど落ちにくい傾向にあります。

 

そのため、落とすときはメイクと同じようにしっかりクレンジングをしなければなりません。

 

クレンジングはそれぞれの製品でシリーズとして開発されているものもありますので、そういったものを使用すると落ちやすいと思います。

 

 

クレンジングがない場合は、市販のメイククレンジングを使用して落としてもOKです。

 

アウトドアを用の日焼け止め効果が高いものは、ミルククレンジングなどでは落ちない可能性もありますので、オイルクレンジングなどを使用してしいっかり落としてください。

 

オイルクレンジングも肌への刺激が強いので、できるだけ刺激の少ないものを選ぶこと、またクレンジング後はしっかり保湿してあげることが大切です。

 

 

保湿はクリームなどで保湿するのも大切ですが、まずしっかり水分を与えてあげることが重要。

 

化粧水でシートパックをするなどしてしっかり保水してから、水分を保持する気持ちで油分の保湿を行いましょう。

 

 

ボディにおいてもできればクレンジングでしっかり日焼け止めを落とすのが理想です。

 

その後はきれいにクレンジングを洗い流し、やはりボディローションなどで保湿してあげます。

 

ボディのクレンジングが難しい人は、半身浴などでしっかり汗をかき、毛穴から日焼け止めの成分をしっかり出してからボディソープなどで洗うとよいでしょうね。

 

 

日焼け防止・UV対策情報トップページへ